韓国ドラマネタバレ

太陽の末裔22話~23話のネタバレ!シジンとデヨンが爆破に巻き込まれ…?

韓国ドラマ「太陽の末裔 Love Under The Sun22~23ネタバレを含むあらすじを紹介していきます!

前回の太陽の末裔19~21話のネタバレはこちらをご覧ください!

\今すぐ無料で動画視聴/

「太陽の末裔 Love Under The Sun」の動画を今すぐ無料で視聴する

※U-NEXTは31日間無料でお試しが可能♪さらに600円分のポイントで好きな動画をフル視聴☆解約金もかかりません!

太陽の末裔22話のネタバレ

デヨンは、別れて以降ろくに食事をとっていないミョンジュを心配し、食事に誘います。

ろくに会話しない2人。

「なぜ食事に誘ったの?」と怒るミョンジュにデヨンは「やせすぎだ」と言います。

 

ミョンジュは「わたしたちの関係はなんですか?別れたのか、それともケンカ中なのか」とデヨンに問います。

「お前に向かってる途中だ」とデヨン。

ミョンジュは「わたしが家を出て、父と縁を切る」と言いますが、デヨンはそれに反対します。

結局仲直りできないまま、デヨンは部屋を出て行ってしまいます。

 

シジンたちが連合作戦に参加することとなり、準備をしています。

シジンは任務に就く前にモヨンに会いに行き、抱きしめながら「ケガもせず、無事に帰ってくる」と約束し、任務に向かいます。

 

一方、司令官にデヨンが呼ばれます。

デヨンの後任がいないため、デヨンにもシジンたちと同じ任務に行ってもらおうと思うと司令官。

「どうする?」と司令官はデヨンに尋ねます。

デヨンは「行きたいです」と答えます。

司令官は「任務から戻ったらミョンジュと一緒に来い、お茶を2杯出す」と言います。

デヨンが司令官室から退室した後、退役命令書を破る司令官。

 

約束の3か月を過ぎてもシジンたちは帰ってきません。

モヨンは毎日シジンにメッセージを送りますが、返事がありません。

それでも毎日、たわいもないメッセージを送り続けます。

モヨンは同じ境遇のミョンジュとのみに行きます。

2人はなかなか帰ってこないシジンとデヨンを心配しながら、モヨンが「もし帰ってきたら仕事を放りだして1週間離れない」と言い、ミョンジュは「わたしは携帯を没収して旅に出る」と言います。

2人は笑いながら、お酒を酌み交わします。

 

その頃、シジンとデヨンは任務を終え、ヘリに向かっています。

先に部下と民間人をヘリに乗せ、デヨンとシジンは残ります。

その時、シジンが銃で撃たれてしまいます。

デヨンがシジンを抱え車の陰に移動しますが、デヨンも撃たれてしまいます。

そしてシジンとデヨンのいる場所が爆破されます。

部下たちは、その様子をヘリから見てシジンとデヨンの名前を泣き叫びます。

 

後日、シジンとデヨンの捜索が行われましたが、本人たちの姿も死体も見つかりませんでした。

シジンたち軍人は、任務に就く前に遺書を書く習わしになっており、司令官はシジンの父を呼び、任務に行く前にシジンが残した遺書を渡します。

 

一方、ホテルを探すミョンジュにもデヨンが戦死したとの報告がされます。

シジンの部下であるチェ中士はモヨンの病院へ行き、シジンの戦死を伝え遺書を渡します。

事態が飲み込めないミョンジュとモヨン。2人の目には涙が溢れます。

モヨンはいてもたってもいられず、車で軍の基地に向かいます。

 

基地に着いたモヨンは基地に着き、外で泣いているミョンジュを見つけます。

「本当に確かめたの?何かの間違いってことはない?」とミョンジュに確かめます。

ミョンジュは何も言えず、泣き続けます。

ミョンジュが手に遺書を持ってるのを見たモヨンは、「本当に戻らないの?わたしは本当にもう彼と会えないの?」と言い、ミョンジュは静かに頷きます。

 

モヨンは、シジンの死後、考える時間を減らすため、仕事に打ち込みます。

しかし、日常のちょっとしたことで、シジンを思い出してしまい、涙がこぼれます。

太陽の末裔23話ネタバレ

ミョンジュは、またウルクに派兵されることが決まり、モヨンを居酒屋へ呼び出します。

ミョンジュはモヨンにぬいぐるみをプレゼントし、今日は飲み明かそうと言います。

 

モヨンはミョンジュにシジンとデヨンの出会いのきっかけを聞きます。

「きっかけはある女性でした」とミョンジュは語り始めます。

その女性とはミョンジュのことで、ミョンジュとの約束通り、シジンと初めて会ったときに「ミョンジュと交際しています」とシジンに言います。

なれそめや、交際期間を尋ねるシジンに「もう一度言います、交際しています」と言います。

「諦めました?」と尋ねるデヨン。

シジンは「わたしたちが戦う必要ありません。戦うときは一緒に」と言います。

それが2人が仲良くなるきっかけでした。

 

ミョンジュを見送ったモヨンは家で1人、自分の中のシジンと会話します。

「会いたかった。わたしとの約束は守れなかったの?」とシジンに問います。

「守ろうとしたはず。力の限りを尽くして君の元へ戻ろうと」と頭の中のシジンが答えます。

「でも戻ってこなかった」と涙を流すモヨン。

 

ミョンジュはウルクに到着します。

モヨンはウルクにデヨンからの遺書を持ってきますが、「死ぬまで見ない」と言い、ロッカーにしまいます。

 

モヨンはアルバニアで奉仕活動を開始します。

モヨンは今も、シジンにメッセージを送り続けています。

そしてシジンの命日にモヨンは花を供え、シジンのことを思います。

そのとき、モヨンの持っている無線からシジンの声が聞こえます。

驚いたモヨンは思わず、無線を落としてしまいます。

 

しかし、突然のことで信じることができないモヨンは、「いやだわ、ついに幻聴が」と言います。

でもまさかと思い、携帯を見ると、シジンに送っていたメッセージに次々と既読がつきます。

その時、もう一度無線よりシジンの声が聞こえます。

振り向くと遠くからシジンが歩いてきます。

 

「生きてたの?」と言うモヨンに「困難なことでも、僕はやり遂げるんです」と答えるシジン。

泣きながら抱き合う2人。

 

ミョンジュは宿舎の外に出て、ウルクで100年ぶりに振った雪に触れます。

そこへデヨンがミョンジュのもとへ歩いてきます。

目に涙をため、デヨンを見つめるミョンジュ。

デヨンはミョンジュに「返事が遅くなった。別れない」と涙を流しながら言います。

「死んでもお前と別れない」とデヨン。

ミョンジュはずっと大切に持っていたデヨンのプレートをデヨンに返します。

 

シジンとデヨンは狙撃された後、爆撃よりも先に民兵につかまり、監禁されます。

それから150日たったあと、シジンたちのもとへ民兵がやってきて、「お前たちを始末して撤収する」と言います。

しかし、アン中尉が助けに来てくれて2人は解放されたのでした。

 

次話→太陽の末裔最終回(24話)のネタバレはこちら!

太陽の末裔22~23話感想

自分の恋人が急に自分の目の前からいなくなったミョンジュとモヨン。

きっと、なかなか死を受け入れられないことでしょう。

以前は、犬猿の仲だったはずの2人ですが、いつしか同じ境遇に立つもの同士、励まし合う関係になっていることがなんだか不思議に思えます。

そして、かつてシジンが救ったアン中尉が、今度はシジンとデヨンを救いに来てくれました。

これぞ、男の友情と言った感じでとても心を動かされました。

ミョンジュとモヨンとも無事再会できて本当によかったです。

 

太陽の末裔の動画を無料で視聴したい場合はこちらもごらんください!

太陽の末裔の動画を無料で視聴する方法

 

太陽の末裔はU-NEXTで今すぐに視聴することができます。無料トライアルで登録すれば、今日から無料で31日間視聴できますよ♪

\今すぐ無料で動画視聴/

「太陽の末裔 Love Under The Sun」の動画を今すぐ無料で視聴する

ABOUT ME
アバター
おでん
ODEN編集部