韓流おすすめ

韓流ドラマでイケメンを拝もう!韓国俳優・アイドル出演作品おすすめ5選

韓国ドラマにはどのドラマでも絶対イケメンが出てきます。

優しいイケメン、自由奔放なイケメン、冷たいイケメン。そんなイケメンを見て癒やされること間違いなし。イケメンも出ていておすすめできるドラマ紹介します。

韓流イケメンが楽しめるおすすめ韓国ドラマ5選

それではイケメンを見たいなら…おすすめドラマ5つを紹介します。

コーヒープリンス1号店(2007年)

コ・ウンチャン(ユン・ウネ)は一家の大黒柱として働いている女の子。なのに仕事がなくなってしまう。

ある日、出会った御曹司のハンギョル(コン・ユ)に男と間違われ、イケメン男性しか雇わないコーヒー屋に誘われることに。働かないといけなかったウンチャンは男のフリしてコーヒー屋に就職。

クスッと笑える場面もたくさんあり、泣ける場面もたくさんあり、一緒に笑って泣いて下さい。

コーヒー屋にはハンギョルの他に、ノ・ソンギ(キム・ジェウク)、ファン・ミニョプ(イ・オン)、チン・ハリム(キム・ドンウク)とイケメン揃い。目の保養に良いです。

美男ですね(2009年)

修行していたコ・ミニョ(パク・シネ)の元に行方不明になった母を探すため歌手になった兄が、手術に失敗してバンドに合流できないから、代わりに兄のふりしてくれないか?と兄のマネージャーに提案されたコ・ミニョは、兄の代わりに母親を探す決意をして、男としてバンドに参加することになりました。

バンドには、ファン・テギョン(チャン・グンソク)、シヌ(チョン・ヨンファ)、ジェルミ(イ・ホンギ)がいます。

コンサートでのメンバーも普段のメンバーもいつ見てもイケメンです。

オレのことスキでしょ。(2011年)

芸術学校に通うイ・ギュウォン(パク・シネ)は伽耶琴の教授が倒れて治療費を皆で集めることになり、学校で人気がある、イ・シン(チョン・ヨンファ)率いるバンドに一緒に出演してほしいと頼んで無事にライブを開催することができたが、ライブ当日イ・シンが来れなくなりライブは散々な結果に。

後日イ・シンがお金を持って謝りに来るが、それを返すギュウォン。言い合いになる2人、今後仲直りできるのか。

イ・シンの他にキム・ソクヒョン(ソンチャンウィ)、ヨ・ジュニ(カン・ミヒョク)が出ています。歌っている姿もイケメンなので注目してください。

恋するジェネレーション(2015年)

児童施設に住んでいるイ・ウンビ(キム・ソヒョン)は高校で同級生にいじめられる日々を送っていた。

ある日耐えられなくなったウンビは死ぬことを決意し、橋から川に飛び降りた。何者かに助けられたウンビは病院で目が覚めたが記憶喪失になっていて、母親だと名乗る人が来ても、友達だと名乗る人が来てもわからないままだった。

母親に引き取られて第二の人生を歩むことになったウンビはコン・テグァン(ユク・ソンジェ)やハン・イアン(ナム・ジュヒョク)に助けられながら徐々に記憶を取り戻していく。

誰が助けたのか、誰と間違われてるのか、そういう所にも注目して見てください。

シンデレラと4人の騎士〈ナイト〉(2016年)

朝も夜も学費を稼ぐためバイトに明け暮れるハウォン(パク・ソダム)は家では継母と義姉にいじめられる日々を送っていた。

ある日突然ハヌルグループの財閥から破格のバイトをしないかと提案され、悩んだが継母に家を追い出され、バイトすることを決める。バイト内容は、自由奔放な孫たちを正してほしいということだった。

大変ながらも頑張るハウォンに心動かされる孫たち。3人の孫はカン・ジウン(カン・ハヌル)、カン・ヒョンミン(アン・ジェヒョン)、カン・ソウ(イ・ジョンシン)。それぞれ性格が違うが、どの孫もイケメンです。室長のイ・ユンソン(チェ・ミン)も負けず劣らずイケメンで、絶対飽きません。

まとめ

イケメンを見たいならおすすめのドラマ5選を紹介しました。

全部イケメンがたくさん出てきますが、一番のおすすめは恋するジェネレーションです。

今人気のユク・ソンジェが出ていますし、何よりドラマが凄く面白いです。最後まで止まらず見てしまいます。どんどん謎が解けていき、最後はスッキリ終われるのでおすすめです。

ユク・ソンジェやナム・ジュヒョクの自然な演技注目してみてみてください。

ABOUT ME
アバター
kiku
ODENライター